インフォメーション

会社情報

会社情報

美味しいお菓子を通じて喜びと幸せを

豊かな食生活の時代に本当の豊かさは何かと私たちは考えます。
「美味しいお菓子を通じて喜びと幸せを」

古来よりお菓子は祝い菓子として食されてきました。
その中にあっても米の菓子、特にもち米を使ったものは
「あられ・かきもち」と呼ばれ、その語源は神様の祭りごとに
鏡餅(霊魂を入れ、歳神を供え、祝福を乞う供え物)を供え、
神様が召し上がった後、その鏡餅を砕きあられ・かきもちを作り、
多くの人々に祝福を分け与えることに始まります。

東あられ本鋪は歴史と伝統ある技術で、国産の安全でおいしい原料を
使用した本物の「美味しいお菓子」を通じて、お客様と社員には喜びと幸せを、 地域社会に貢献することで、江戸からの食文化を今に生かし地域文化を支えます。


株式会社 東あられ本鋪
代表取締役会長
  小林正典









「あられ」文化を繋いでゆく、より良い暮らしを紡いでゆく

何気なく口にしている「あられ」は、日本の食文化を体現していると言っても過言ではありません。
米、醤油、塩、日本由来の素材を使って作られています。
しかし、近年はコンビニのお菓子やスイーツの攻勢に影を潜め、
日本人の多くが、日本古来のお菓子・あられを楽しむ文化から遠ざかっている気がします。

その一方、食のトレンドは、「安心・安全かつ健康」であること。
コロナ禍において、食への興味が高まり、消費者のマインドは大きく変化しています。
産地の明確化、生産者の顔が見える商品づくりは食品メーカーに課された命題でもあります。

東あられ本鋪は、良い素材を使った安心・安全なお菓子をつくり、100年以上に渡り、
食べてくれる人たちに届けてきました。

これまで多くの人やもの、コトを繋いできた「あられ」を
もっと多くの人に繋ぎ、知ってほしい。
日々の暮らしを豊かにしてくれるお菓子として、
多くの人の毎日を共に紡いでゆきたい。
繋いだご縁をずっと絶やさずに次の世代へ紡ぎでゆきたい。

そんな気持ちで今後も励んでまいります。
これからも何卒当店をご贔屓賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


株式会社 東あられ本鋪
代表取締役社長
  小林宏太郎

会社概要

名称
株式会社東あられ本鋪
創業
明治43年5月
創立
昭和38年
資本金
7800万円
所在地
本社
〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目15番10号
電話:03(3624)3939(代)
FAX:03(3624)3975

工場
〒276-0022千葉県八千代市上高野1355番3号
電話:047(483)2632(代)
FAX:047(484)6106
代表取締役会長
小林正典
     
代表取締役社長
小林宏太郎
従業員数
97名
取引銀行
東京東信用金庫
事業内容
米菓の製造・販売

会社沿革

  • 明治43年東京両国にて初代小林桝恵美が創業
  • 昭和23年同所にて二代小林美之助が営業再開
  • 昭和33年デパート名店街での直接販売開始
  • 昭和38年株式会社東あられ本鋪に組織を変更
  • 昭和46年事業拡大に伴い千葉県八千代市に工場を移転
  • 昭和56年本社売店を開設、全国的に売場を拡大
  • 平成 3年通信販売を開始
  • 平成 4年代表者に三代目小林俊介就任
  • 平成 9年八千代工場増設、工場売店開設
  • 平成15年両国本店増床開店、墨田区工房ショップに認定
  • 平成17年菊川店開設
  • 平成18年代表者に四代目小林正典就任
  • 平成22年創業100年を迎えました
  • 平成28年すみだづくり北斎商店開店
  • 平成29年八千代工場直売店あられひろばリニューアルオープン
  • 令和 3年代表者に五代目小林宏太郎が就任

※詳しい東あられ本鋪の歴史は、「創立110周年への歩み」でご覧ください。

営業品目

あられ・おかき・煎餅の各種進物・袋詰


  • 東一福
  • おかき両国
  • おかき両国・東一福詰合せ
  • 甑詰合せ
  • 東おかき
  • 北斎一福
  • アラレカフェ
  • 北斎揚げ
  • 東あられの海苔巻き 他

※詳しくは「商品一覧」をご覧ください。

主要取引先

  • (株)紀ノ国屋
  • (株)成城石井
  • 国分首都圏(株)
  • (株)明治屋
  • 三越伊勢丹フードサービス 他

ページトップへ