創業100年への歩み

東あられ本鋪 創業100年への歩み
明治43年に創業した「東あられ」は、震災や戦災を乗り越えて、今は「東あられ本鋪」となり、2010年には創業100年を迎えます。

東あられ 創業の経緯

炭・米問屋を営んでいた初代・小林桝恵美(こばやし ますえみ)が、取引先であったあられ・おかき業の「江戸あられ」の主人が関西に戻ることを期に機械・技術等を引き継ぎました。
そして、現本店所在地にてあられ・おかきの製造元、東京元祖「東あられ」を明治43年(1910年)に創業したのが、現在の「東あられ本鋪」の始まりです。

社名の由来

初代・小林桝恵美が、取引先より引き継いだ「江戸あられ」の更なる発展を期し、江戸を含む東(あずま/西の京都に対する東)として「東あられ」と命名しました。

創業者 小林桝恵美(こばやし ますえみ)のプロフィール

新潟出身の米問屋を営む小林音蔵の長男として、明治19年に小林桝恵美は誕生しました。
父音蔵が病死後、苦労の末「炭・米問屋」を営み、取引先よりあられ・おかき業の「江戸あられ」を引き継ぎ、「東あられ」として名を改めて創業いたしました。
当店の商品「ますえみ焼き」は、創業者の名をもらいました。

初代 小林桝恵美
▲初代 小林桝恵美(左端)

▲ページ上に戻る

創業から現在までの歩み・・・東あられ本鋪の歴史

写真をクリックすると、拡大表示されます

明治43年

東京両国にて初代 小林桝恵美が創業。
・・・家内工業として始まる。

大正12年
9月

関東大震災にて灰燼に帰す。
・・・再び復興し再開する。

昭和16年

「米統制法」により一時休業。

昭和20年
3月

空襲により再び灰燼に帰す。

昭和23年

戦後、同所にて二代 小林美之助が営業再開。
・・・製造卸販売、劇場卸などを手がけ、事業を徐々に拡大。

昭和25年頃の東あられ本鋪(現在の両国本店の場所)

昭和31年

デパート名店街での直接販売開始。
・・・戦前からの製造卸販売より、百貨店名店街等での製造直接販売に販路変更。

昭和35年頃の百貨店売店(有楽フードセンター)昭和35年頃の百貨店売店昭和30年代前半 本社前にて集合写真昭和33年 東あられ本鋪 旧本社と旧工場昭和30年代前半 海苔巻き作業風景(両国の旧工場内。

昭和38年

株式会社東あられ本鋪に組織を変更。
・・・事業の拡大、販路の拡大に伴い、個人商店より法人に組織を変更。

昭和35年頃 全国菓子博覧会に出展した時の様子です。昭和30年代後半 天日生地乾燥作業風景(両国の旧工場屋上です)

昭和46年

事業拡大に伴い千葉県八千代市に工場を移転。
・・・八千代市の工業団地に移転。ゆったりした環境と美味しい水により美味しいあられ・おかきができました。念願の炭で焼いたおかきの製造も開始。

昭和46年 八千代工場建設地にて。昭和46年 建設中の八千代工場の風景です。昭和47年お正月 八千代工場正門前。昭和52年春 八千代工場のお稲荷様と桜の木

昭和56年

本社売店を開設、全国的に売場を拡大。
・・・・・・工場移転に伴い、本社工場の一部を直し地元の皆様の為に売店を開設。百貨店の全国展開により北海道から関西まで売場を拡大。

昭和50年頃の百貨店売店(池袋西武)昭和60年前半の天日生地乾燥作業風景(八千代工場)

平成 3年

通信販売を開始。
・・・・・・平成2年に搭載した全日空機内食がお客様の評判を呼び、「東一福」の商品名で通信販売を開始し大評判を得る。本店でも販売し地元のお客様のみならず、遠方からのお客様からもご好評を頂く。

平成 4年

代表者に小林俊介就任。
・・・二代小林美之助に替わり小林俊介が代表に就く。
百貨店売場にて「甑」発売し、「東一福」同様好評を得る。

平成 9年

八千代工場増設、工場売店開設。
・・・事業拡大により工場を増設する。同時に本格的な工場直売店を開設し、地元のお客様にご愛顧いただく。

平成13年春 八千代工場のお稲荷様と桜の木平成13年 両国本社と本店

平成15年

両国本店増床開店。
墨田区工房ショップに認定。
・・・本店の増床開店と同時におかきの揚げ工房を設置し、お客様の目の前で「北斎揚げ」を揚げています。美味しいご試食をどうぞ。

平成19年 「北斎揚げ」実演販売の様子(両国本店)

平成17年

菊川駅前店開設。
・・・東あられ本鋪の初めての路面店として開店。地下鉄駅前及び大通り前の立地をいかし、本店にお越しになれないお客様にも足の弁の良い場所でございます。
営業方針の変更により百貨店売場を縮小。

平成19年 菊川駅前店

平成22年

おかげさまで創業100年を迎えました。

▲ページ上に戻る

これからの東あられ本鋪

東京下町・両国に生まれ育った東あられ本鋪は、
これからも、お客様にこの地でしか味わう事の出来ない商品を買う喜びと、
それを差し上げる誇りを同時に満たして頂くことを目指します。
そして、私たちをお選びいただいたお客様に支えられていることに感謝し、
そのかたがたに全てを満足して頂く事で恩返ししていきたいと願っております。

現在の両国本社・本店建物
▲現在の両国本社・本店建物

現在の八千代工場
▲現在の八千代工場


▲ページ上に戻る